援デリとはなに?

相手に送る最初のメール、いわゆるファーストメールですが、このファーストメールをどのようにして書くかにより、相手から返信をもらえるかどうか、大きく左右されると言えるのです。

当たり前ですが、相手にメールを送っても、返信をもらえるとは限りません。もしかしたら、他にも多くの人がメールを送っているかもしれません。それに、もし自分しかメールを送っていなかったとしても、相手の興味を惹くことができなければ、やはりメールの返信はもらえないでしょう。

だからこそ、ファーストメールで相手に興味を持ってもらい、返信したいと思わせることが大事なのです。もちろん、それも決して簡単なことではありませんが。

では、どんなメールを送ったら良いのでしょうか?少なくとも、多くの人が書くようなありきたりなメールや、無難なメールでは興味を惹くことはできません。できる限り、他の人が書かないようなメールを送ることが大事です。

ただ、当たり前ですが相手が不快に思うようなメールや、相手を傷つけるようなメールを送ってはいけません。また、当然のことですが、礼儀やマナーなど人としての常識はしっかりと守る必要があります。

大手サイトはさくらがいない

利用者が100万人を超えるような、大手の出会い系サイトには、サクラが存在するのでしょうか?

今の日本は、いわゆるネット社会です。なので、サクラがいるような出会い系サイトは、すぐに口コミで広がります。したがって、そのようなサイトに、利用者が集まるわけがありません。

つまり、健全な運営をせずに、利用者を100万人以上確保することなど、まず不可能なのです。サクラが全くおらず、口コミでも高評価を得ているからこそ、100万人以上の利用者を確保することができているのです。

つまり、大手の出会い系サイトは、サクラがいないと言えます。そもそも、サクラがいたら、大手の出会い系サイトになることなどできません。

さらに言えば、無料の出会い系サイトでは、会員数が多ければ多いほど、スポンサーサイトから、多額の広告料をもらうことができます。つまり、健全な運営をすることで、結局は自分たちの利益になるわけです。

わざわざ、サクラを使って目先の利益を得るよりも、健全な運営をして、多額の広告収入を得る方が、遥かに大きな利益を上げることができるのです。利用者のことを考えた運営をすれば、自分たちも得をするシステムなのです。